法人の印鑑

イメージ画像

印鑑、特に認印というとどうしても個人が持つものというイメージがありますが、もちろん印鑑というものは個人のものだけではなく、法人・会社の印鑑というものがあります。もちろん法人認印というものもあります。

領収書印だなんていい方をされることがありますが、印鑑の外の枠には回るように法人・会社名が入り、内側の枠には「代表者印」「領収之印」というような文字が入るものです。法人の印鑑にも、実印、銀行印などもあります。 その中に「角印」というものがありますが、法人・会社の名前が入った四角い印鑑です。

角印は契約書や領収書に社名と一緒に捺印するもので、法人・会社、事業所、店舗などの認印として使用している場合があるようです。
法人・会社などにおいて、印鑑が必要になる場面は非常に多いでしょう。そんな場合、登記に使用している実印、銀行印、などをあまり簡単に捺印することをしたくないということも。
実際印影を悪用されてしまうようなこともあり得ないことではありません。
実際、悪用されてしまうというような事件も多く起きているのも事実ですし、大袈裟ではなく法人・会社の存続にも大きな影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。こういったリスクを避けるためにも、法人・会社においても認印をつくっておくと非常に便利ですし、さまざまな場面で利用することができるでしょう。

個人でも法人でも、印鑑というものは非常に重要なものです。
保管や扱い方にも十分過ぎるほどの注意が必要です。

このページの先頭へ