印鑑を公的に使用する場合

イメージ画像

印鑑を使用する場面、特に役場などの公的な書類を発行するような場面であったり、契約などの場面ではシャチハタの使用不可としていることが多いと思います。

なぜだか知っていますか?認印は、宅配や書留などの受取り、書類の確認などをきちんとしました、と気軽にポンと押していることもあるかと思います。そんな認印として、シャチハタを利用する人は多いと思います。シャチハタというのは、朱肉を使用せずに、すぐにポンと押すことができるので非常に便利で、仕事上や宅配などの受取り時に利用する人も多いでしょう。

でも先ほど言ったように、役場などにおける書類や、なにかの契約時に捺印しなくてはいけないという場合にはシャチハタは使用不可です、という場面が多いのです。
なぜシャチハタは認印であっても使用不可だという場合があるのか?日常さまざまな場面で気軽に押すことの多い認印でありますが、場合によっては法的効力を持つものです。
承認されたということが証明されるためには、認印だとしてもその印影が残っていなくてはいけないものです。
シャチハタが公的な場面で使用不可になるというのには理由があります。
いわゆる印鑑の印面というものは硬い材質を使用していますが、シャチハタの印面はゴム製(ラバー)で、何度も使用しているうちに磨耗してしまうということ、また、現在ではそれは改良されてきているということではありますが、インクのにじみなども加わり捺印された印影が長期的に保存されないということが大きな理由だといわれているようです。

使用できないことがありますが、シャチハタが決していけないというわけではありません。
使用できる場面とそうでない場合 をきちんと見極めて私用することも求められます。

このページの先頭へ