印鑑に使われる書体

イメージ画像

印鑑にはさまざまな種類があります。

役所で印鑑の登録を行って使用する実印、銀行で本人の確認をするための銀行印、その他に確認しましたということで使う認印があります。印鑑というとなんだか立派なものをイメージしますよね。
実印などは立派な書体を使用したものだったりしますが、では認印の書体というものはどういったものを使うのでしょう?書体というのは「印影」ともいいます。

そもそも認印というのは、宅配便や書留を受け取ったとりましたという証明や、仕事上書類を確認しましたということなど、日常のさまざまな場面で使われる、最も使用頻度の高い印鑑です。
認印は100円ショップや文房具店などでも簡単に安く購入できるものですが、その印鑑の書体を見てみると、実印に使われるようなものとは違って誰にでも簡単に認識できる書体なっているものばかりです。

一般的に印鑑を押したときに苗字(姓)を上から読むかたちの縦読みの状態でつくられています。
自分で印鑑屋さんに注文する際でもこのかたちでつくられるそうです。
先ほど挙げたように、何よりも誰にでも確認できるもの、読みやすいものということが第一です。
印鑑屋さんなどで認印をつくるときに使われている書体としては古印体、楷書体、行書体、隷書体などでつくられたものが人気があるそうです。はっきり分かりやすいというものばかりです。

もちろん、これらの書体以外にも、実印に使われるような書体やフルネームでつくられたものなども最近は人気があるようですね。
認印といえどもオリジナリティーを出したものなどをつくりたいという人が多いようです。

このページの先頭へ